カテゴリ:保存( 1 )

黄袋(きぶくろ)


d0111411_10174291.jpg


額縁に入れる黄色い袋のことを黄袋(きぶくろ)といいます。
昔は本物の鬱金木綿(うこんもめん)を使っていましたが、
今はただ綿を黄色く染めただけの布になってしまっています。
うこんはショウガ科の多年草でこの根で染めた布は虫がつきにくいとして
昔から保存のために額などをを包む袋として使われてました。
[PR]
by gakuyadesu | 2007-02-24 10:17 | 保存